読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小川ひろみ 公式ホームページ

東京都国立市在住。市民団体「くにたち大学通り景観市民の会」共同代表。元国立市議。

【文字起こし全文】 国立市長選挙 小川ひろみ候補 街頭演説 (2016.12.19)

f:id:ogawa-hiromi:20161224045757p:plain

私、小川ひろみでございます。 この高いところから失礼いたしますが、先ほど私は生活者ネットワーク市議会議員を2期8年務めて参りました。

先輩の都議会議員、山内れい子さんから、「この街でとにもかくにも市民参加、市民参画を取り戻して欲しい」という、私へのエールととっております、エールを送って頂きました。 本当にありがとうございます。 しっかりとその点こそ進めたい点です。

また、ここの場で上原元市長、公子さん。 そして東海村の、私が本当に尊敬する東海村の元村長、村上さんに乗って頂いております。

私が今回、『いのちにこだわる政治をしよう』これをキャッチフレーズにしているんですが、今、学生さんが平均295万円、300万円ともいわれているローンを抱えて、社会に出ている若者がたくさんいます。 2.6人に1人がその奨学金を得て、生活に充てているという現状があります。

私が「いのちにこだわりたい」そのときには、そんな先進国ってないだろうと思うからです。

この地域、地方自治体にかかわる首長にいま立候補している私小川ひろみは、『この独自の奨学金制度を作って、若者を応援していきたい』そんな思いを強く熱く持っております。若者の支援をしていきます。

「いのちにこだわる政治をしよう」の私のとにかく『貧困連鎖ゼロ』政策のトップはこれです。

『待機児童ゼロ』 今、上原公子さんが語ってくれました。 「この街で子どもを生み育てたい」と思って移ってきた上原元市長。私も同じです。「この街で子どもを生み育てたい」と思ってきたんです。18年前に参りました。本当にそれからですね。

しかしながらこの国立の街、少し後退しています。待機児童数109人、(多摩地区)26市の中でも下から数えた方が早い、ワーストいま3位が9位に上がってるくらいですが、それでも26市の中で待機児童数本当に多いですね。

私は共働きでこの街で子どもを生み育てて参りました。『待機児童数ゼロにする』その公約を2番目に掲げています。

3つ目の公約、『介護難民ゼロ』です。 私小川ひろみ、いま母も施設に入っております。 在宅ケア、これは本当にどなたにとっても住み慣れたお宅で過ごすこと、大事だと思っています。 それに加えて、特養ホーム施設が豊かにあることも必要ではないでしょうか。 両方の選択肢を増やすことで、介護難民ゼロに近づける。限りなく近づけることが私の役割だと思っています。「誰もが疲れきらない介護」それをこの街で進めます。

私小川ひろみ、最後に申し上げたいのは、今この私が2期8年、市議会議員を務めた後に「大学通りの景観市民の会」の共同代表をして参りました。 この青い空と、大きな青い空と大学通り。美しい大学通りはお金があってもなくても誰にとってもゆったりと歩ける歩道があります。その公共空間を次世代に繋ぎたい、その強い思いがあります。

政治対立化してしまった景観問題は、私は早くストップさせたい、市内での対立を終わらせたいという強い思いを持っております。

5つのゼロを通して、憲法25条で保障されている、「誰をもの命と健康、そして最低限の文化的な暮らしを守る」その立場をしっかりと肝に据えて、私は保障し、守って参ります。

いまこの場に立っている皆さん、先輩方の肝に据わった、その地方自治体を運営してきたその姿勢を、私が受け継ぎます。

どうぞ情報公開進め、暮らしやすい街づくり、小川ひろみが進めること、皆さんに一票を託して頂きたい思いを強く訴えさせて頂きまして、この場でのお訴えとさせて頂きます。 お聞き頂きましてありがとうございました。

【文字起こし全文】 国立市長選挙 小川ひろみ候補 出陣式挨拶 (2016.12.18)

f:id:ogawa-hiromi:20161224045707p:plain

皆さま、おはようございます。 私、53歳、小川ひろみ、子育て真っ最中、そして介護もしております。

その私が今回、この旭通りという、本当に賑わいのある場所に事務所を構えさせて頂いたことは、「有難い」の言葉の一言に尽きます。どのお店にも、私は愛着を持っております。大きなマイクの声で1週間、お騒がせすること、どうぞ1週間だけはご了承頂きたいこと心からお願い申し上げます。

「命にこだわる政治をしよう」「子どもは生まれた時から、そして人が最期を迎えるまでその尊い命」「これが今、粗末にされているのではないか?」

私はそんな想いで、この間過ごして参りました。

「誰にとってもかけがえのない命」「その命を、とことん相談のできる市役所にしていきたい」

私、小川ひろみはそう思っております。

「あの市役所に行ったらほんとうに頼れる職員がいるね」「どんな事でも親戚のように、友達のように、話を聞いてくれる市役所だね」

全国の中でも、もし国立に「プライド」という言葉を当てはめれば、私は、社会の今ある困った人の問題を、社会の問題として、きちんと受け止められる市役所にしていきたいんです。『頼れる課』を作っていく、私の政策のトップです。

「頼れる課がある」 そんな街、国立を私は目指します。

この街で子どもを産み育てて参りました私、小川ひろみ。子どもが高校生になりました。地域の力に支えられて、私が今在ります。

そのご恩返しを、私は今回市長になることで、精一杯返していきたい。その覚悟でこの場所に立っております。

温かで優しい街に、共生社会への転換を、3.11以降の新しい社会を、私50代、作って参ります。

その為に、皆様のお力が必要です。どうぞ私、小川ひろみへ、今日からは一票をお願いして参りますので、どうぞあなた様の一票をご家族ご友人に、

「こんな貧困のない『貧困ゼロ』の街、国立へ」「『いのちをこだわる政治』をする市長が今頑張っているよ」「市長になるべく小川ひろみが頑張っているよ」

と、お声を大きく大きく広げて頂きますことを切にお願い致しまして、私の第一陣この場所でのお伝えとさせて頂きます。

ほんとうにご近隣の皆様、ご迷惑をお掛けしますが、どうぞご寛容にお願い申し上げまして宜しくお願いします。

どうもありがとうございます。

【文字起こし全文】 社民党 福島みずほ参議院議員 街頭応援演説 (2016.12.23)

f:id:ogawa-hiromi:20161224045610p:plain

国立市民の皆さーん、こんにちはー。 紹介して頂きました、社民党参議院議員福島みずほです。 なんとしても、なんとしても、なんとしても、ここにおります小川ひろみさん、小川ひろみさんを当選させたいと思ってやって参りました。

国立市民の皆さん、国立から政治を変えていこうではありませんか。国立の新しい風、小川ひろみ、小川ひろみをどんなことがあっても当選させてください。どうかよろしくお願いいたします。

国政と自治体と両方の話をいたします。みなさん、安倍内閣は安保関連法、戦争法を作動させ、南スーダンPKOに若者を派遣し、駆けつけ警護の新任務付与をしました。命を粗末にするこの政治、なんとしても変えたい、そう思っています。

臨時国会では年金カット法、そしてカジノ、そしてTPP協定が強行をされました。皆さん。皆さんの貴重な年金積立金、なんと半分が博打、あ、いや株に注ぎ込まれております。そうして、このあいだ1億円得した、その前6兆円損した。みんなの生活をまったく考えないこんな政治を変えていこうではありませんか。

年金積立金を株にぶち込むのが博打。そして、本物の博打の問題です。なんと、カジノ解禁法、博打解禁法が強行をされました。ギャンブル依存症を増やし、人の不幸を増やす、こんなの論外ではないでしょうか。

皆さん、政治は人々を幸せにする為にこそ、存在をしています。人を不幸にして、庶民から金巻き上げて、それを成長戦略だと嘘ぶく安倍内閣に国立から「間違っているぞ」と、国立から政治を変えるその声を上げていこうではありませんか。 変えたい、変えたい、そう思っております。

皆さん、国会では社会保障、バッサバッサ、バッサバッサ、カットしていっています。介護、なんと要支援1、2の通所と訪問サービスが介護保険給付から外されて、地域包括ケアセンターに移行になりました。来年3月にこれの完全施行になります。国立市民の皆さん、小川ひろみ市長の元で、介護の仕組みをしっかり国立で作っていこうではありませんか。

そして、待機児童の問題です。私は少子化担当大臣のときに、国有地を貸与してもらう。その第1号、第2号とたくさん作りました。第1号が世田谷、第2号が横浜です。東京は地価が高い、だから貸与してもらう。小川ひろみさんに「5つのゼロ」をやってもらう。待機児童解消をこの国立からやってもらおうではありませんか。

そして、給付型奨学金などの問題です。二百数十カ所の自治体が既に取り組んでいます。世田谷では5000万税金を入れ、基金を作り、寄付を募りました。まず、養護施設を卒業する子どもで大学、短大、専門学校に合格した子どもに、年間36万円支給し、シングルマザーの子どもたちにも拡大しようとしています。

国立市民の皆さん、どうでしょうか? 国立市の子どもたちを応援する、そのことを小川ひろみ市長にやってもらおうではありませんか。

自治体がやれること、たくさんあります。私は言いたい。国政でバッサバッサ社会保障を切り捨てている自公の推薦受けた人に社会保障を語る資格などないと思いますが、皆さん、どうでしょうか?

沖縄にこの2週間、2回行きました。高江、そして辺野古、弾圧が続いています。沖縄を弾圧する安倍政権、なんとしても私たちは変えたい。そう思っています。オスプレイが大破して墜落をしました。1機203億円、17機買う。これが、政府の本心です。

皆さん、でも小中学校の公立学校の子どもたち、給食費をすべて無料にするのに4,416億円でできるんですよ。どうでしょうか。オスプレイよりは子どもたちの支援を!防衛予算の拡充、オスプレイよりも、社会保障の充実をやっていこうではありませんか。

新潟ではみんなが応援する脱原発の県知事が誕生しました。自治体はまさに私たちの生活に直結しています。脱原発自然エネルギーの促進も小川ひろみ市長にやってもらいたい、やることができる、そう思っています。

ゴミの問題、保育園、学童クラブ、どんな教科書で子どもたちが勉強するか、とっても大事です。自治体が決めます。そして給食、食べ物の安全、街づくり、障害者政策、介護・医療の現場、自治体がどうしていくのか、人の一生に、1日の生活に、まさに自治体の仕事が直結をしています。

こんな時代だからこそ、未来をつくりたい。国立から民主主義をつくっていこうではありませんか。この素晴らしい国立の街、美しい街。この街からまさに民主主義をつくり、みんなの市民の力で小川ひろみ市長を誕生させていこうではありませんか。

国立の新しい風、民主主義をつくる。 どうか、国立市民の皆さん、小川ひろみ、小川ひろみ、小川ひろみ。 みんなの代表を、命にこだわり、命を大事に、誰よりも国立を愛する、国立LOVE、皆さんどうか、国立を愛する皆さん、国立LOVE、小川ひろみ、小川ひろみを必ず当選させてください。よろしくお願いします。力を合わせていきましょう。よろしくお願いします。

【文字起こし全文】 許すな!憲法改悪 市民連絡会 菱山南帆子さん 街頭応援演説 (2016.12.23)

f:id:ogawa-hiromi:20161224045339p:plain

皆さん、こんにちは。 「いのちにこだわる政治をしよう」 いいじゃないですか? 私はもうちょっと西にいった八王子からやって参りました菱山と申します。八王子生まれ八王子育ちです。

私が社会の問題に関心を持ち始めたのは私が生まれてまもなく八王子の高尾をぶっ壊して高尾の山をぶっ壊して行われようとした京王道の建設です。 これに住民が大反対をして梅林が素敵な梅林がある中で集会を開き、近くに川が流れていてそういったところでピクニック気分で家族みんなで京王道建設反対の運動をした、これが私の原点なんです。 自然と命は一心同体です。この自然を破壊しようということは命を破壊するのと同じことなんです。

この八王子の自然が壊されて今は本当にグロテスクなぐるぐる渦巻く気持ち悪い京王道になっているんですけれども、やっぱりそういった中で私は自然を守ることと命という大切さを学びました。

皆さん、いま命を大切にしない、そういった政治や動きが大きくなってきていますよね。今年には本当に様々な悲しいことがありました。私は障害者施設で働いているのですけれども、やまゆり事件、あれで19人もの障害を持った方が亡くなった。この国立にももう少し行くとスポーツセンターがありますよね。

こうやって弱肉強食の世界がだんだん強くなってきて人はそして命は生まれる場所と時代を選べない。だからこそ憲法があるじゃないですか。私たちは選べないからこそ自分達の暮らしを守る、自分達の未来を作っていくそうした権利が与えられているんです。存分に発揮しようではありませんか。

利権屋から私たちの暮らしを今こそ取り戻さなければなりません。開発優先で自然をぶっ壊すということは命を壊すということと同じなんです。 自然を守り、命を守る、また貧困から子供たちを守る、これはやっぱり私たち大人がしっかりとやっていかなければなりません。

皆さん身近な市政。これは私たちの暮らしや未来を守る砦です。開発優先の弱肉強食の濁流に飲まれてはいけません。 いのちを大切にする、いのちにこだわる政治をこの国立から取り戻して参りましょう。頑張りましょう。

皆さん小川ひろみ小川ひろみを覚えてください。 ドライバーのみなさん、ご通行中のみなさん、女性候補は小川ひろみ、女性の市長候補はただ一人、小川ひろみ、小川ひろみ、どうかどうかよろしくお願いします。

【文字起こし全文】 板橋区議会議員 生活者ネットワーク 五十嵐やす子さん 街頭応援演説 (2016.12.23)

f:id:ogawa-hiromi:20161224045301p:plain

国立の皆さん こんにちは。 私は板橋区議会議員 板橋・生活者ネットワークの五十嵐やす子と申します。

今日は 実は私が生活者ネットワークとしてここに立っておりますけれども、この周りにもたくさんの自治体の生活者ネットワークの議員が応援に来ているんです。 それだけこの小川ひろみさんに私たちは期待をし、そして頑張って欲しい、そう思っているんです。

そして私、板橋ですけども、実は国立のこの選挙、板橋区民も注目をしているんです。 私が住んでいる地域の周りにも景観を大切に思っている人たちがいます。 その人たちは今この国立の選挙、市長選挙、どういう風になっているんだろう、固唾を飲んで見守っています。ですからこれは国立市長選挙ですが、国立市だけの選挙ではない、そのことをみなさんにお伝えしたいと思って私やって参りました。

小川ひろみさん、ほんとうに今回引き受けてくれて ありがとうございます。 私は小川さんに連絡を頂いて これはぜひ応援したいと思いました。

小川ひろみさん、市議会(議員)の時には、一緒に女性部会の中で、女性の視点、またいろいろな女性の問題について勉強してきました。その中でも、子宮頸がんワクチン、ヒトパピローマウイルスについて 私たちは子宮頸がんワクチンに反対する女性議員の会というものを立ち上げ、そして小川さんに代表になってもらって一緒に活動して参りました。この子宮頸がんワクチンで苦しんでいる少女たちが いま本当にたくさんいるんです。厚労省に自分が具合が悪いんだと名前を挙げたくても、それすら挙げられなくて困っている人も たくさんいるんです。それに対して国は今どうしているでしょうか? 自治体はどうしているでしょうか? みんな困っている、でも助けてくれない、でも目の前には困っている人がいる。 そういう人を放っておけない、それがこの小川ひろみさんなんです。

この政策の中でも「頼れる課」をつくると小川さん言っています。私 これ本当に素晴らしいなと思いました。 いまどうですか? 国、どうでしょうか? 福島さん、国会で一生懸命質問してくださっています。それを見ながら私も頑張れと言っています。でも なかなか、なかなか国、私たちが思うようには進んでくれません。年金も減らされていきます。一人暮らしの人もどんどん多くなっていきます。高齢者もこれからどんどん増えていきます。子育て、独りぼっちの子育ての方も 今増えています。

そういうときに、困ったときに誰に相談したらいいんだろう?どこに行ったらいいんだろう?そのときに、ここに来たら ここに来たら相談ができるんだよ、とことん とことん市民に寄り添う、そう言ってくれる この小川ひろみさん、素晴らしいじゃありませんか!

こんなこんな素晴らしい人を市長にできたら、どんなにこの国立市、今よりもずっとずっと素晴らしい市になるのか 私は楽しみにしています。

25日。25日投票日です。みなさん もう投票にいらっしゃった方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。ここにいる方、みなさん行ってくださると思います。 私も入れたいんですけど入れられません。ここにいる人が入れただけでは、もしかしたら足りないかもしれない。その時、どうしたらいいでしょう。どうかご家族の方、お友達ひとりひとりの方に、小川ひろみさんはとってもやる気があって、素晴らしい、そうお伝えてください。こんな市長ができたら国立市 良くなるよ、そう伝えてください。

どうかどうか、クリスマスの日に大きな大きなプレゼントを手をするのは、国立市の皆さんだと、私は信じています。そのプレゼントを手にする為に、おひとりおひとり、おひとりおひとりが、大事な大事な一票を、この小川ひろみさんに、小川ひろみさんにどうぞよろしくお願いいたします。 ありがとうございます。

【文字起こし全文】 自由党 渡辺浩一郎さん 街頭応援演説 (2016.12.23)

f:id:ogawa-hiromi:20161224045203p:plain

ご紹介頂きました、自由党の元衆議院議員、かつ自由党の東京都連の会長をさせて頂いております渡辺浩一郎でございます。

さあ、いよいよ果たして日曜日が最終的な開選、日曜日が最終的な投票日でございます。 ここにいらっしゃる小川ひろみさんを本当に市長にして頂けるかどうかは、今日お集まりの皆様の一票一票で事が決まるのであります。

私ども自由党は、小沢一郎そして山本太郎という2人の傑出したこの共同代表がこぞって、この小川ひろみさんを応援する事になりました。 推薦という形でありますけれども、どうぞその事をぜひ野党共闘の一端として、この小川ひろみさんを心から応援するということをまず報告させて頂きます。

そして、今回はこの小川ひろみさん、女性ですので、我が党にも若干女性の方達がいらっしゃる。

先程来、話が出ておりました、新潟の米山知事を一生懸命応援して頂きました新潟選出の参議院議員森ゆう子議員からも、応援のエールを頂いております。 そして、もう1人、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますけれども、青木愛という、全国比例ではありますけれども、この方も参議院議員でありますけれども、応援を頂いておりまして、今日はこの応援のメッセージを私に代読しろ、という事でありますので、ほんのちょっとの間の時間を頂きまして、読まさせて頂きます。どうぞしばらくご清聴ください。

参議院議員自由党青木愛です。この度は、スケジュールが重なり応援に駆けつける事ができず、申し訳ございません。今回の市長選は、岐路に立つ国立市の今後を決定する、極めて重要な選挙です。国立市のみならず、日本全体が今後益々少子高齢化、人口減少に向かっていきます。行政は限られた予算の中で、地域医療や介護、子育て支援の充実に大きく舵をとっていかなければなりません。住民が背負っている課題をしっかりと受け止め、確かな将来、ビジョンを確実に国立市政に取り込む為には、行政経験者ではなく決断ができる政治家が必要です。小川ひろみさんは子育てと親の介護を実践しておられる現役世代です。今の国立市が抱えている最重要課題を背負って、市議会議員としての経験も積んでこられました。小川ひろみさんこそが、前市長の良いところを引き継ぎながら、現実の課題を解決できる方だと確信をしております。貧困連鎖ゼロ、待機児童ゼロ、介護難民ゼロ、災害弱者ゼロ、自然破壊ゼロの5つのゼロを掲げ、人と人が共生をし人間と自然が共生するぬくもりのある市政の実現を目指す小川ひろみさんを、どうぞ宜しくお願い致します。皆様方のお一人お一人の一票によって、新しい市政を作っていきましょう。】

こういうメッセージを頂きました。どうぞ皆様、我が党も一生懸命、この小川ひろみさんを応援をさせて頂いております。 今回のこの国立の市長選挙の小川選対は、まず市民の人達が中心になって小川さんを選出させて頂きまして、そのバックアップとして私ども野党が、それを支えていくという、こういう体制で闘いを進めてきております。 どうぞ皆様、市民が中心の、行政が中心ではありません。行政中心の政治ではなくて、市民が中心の政治に切り替えていく、このことが大変大事なのであります。

一方では、前市長の継承をするんだ、こういう事を(もう1人の候補者は)言っているようですけれども、これが本当だったら大間違い。だったら今まで、これまでと何も変化しなくていいのか?こういう事が問われているわけです。 これから、国立市を大きく変えていこうと思ったら、今までの市長の継承というのはあり得ません。 私どもはそう思っておりまして、もっともっと国立市を良くしていく、その為には小川ひろみさんがぜひとも市長なんだ、こういう意識をもって頂きたい。 政策的には本当に優れております。 その事を俄然ご理解頂きまして、私ども自由党も一生懸命陰からも表からも一生懸命応援する事を約束しております。

どうぞ皆さんお力ください、必ず投票に行ってくださいね。心からお願い致します。どうぞ宜しくお願い致します。

【文字起こし】 東京都議会議員 生活者ネットワーク・山内れい子さん 街頭応援演説(2016.12.19)

f:id:ogawa-hiromi:20161224045103j:plain

皆さん、こんにちは。 私はこの国立・国分寺選出の生活者ネットワークの都議会議員、山内れい子です。

バスの中からもお手を振って頂きましてありがとうございます。

今回、市長選、25日が投票日となっております。 期日前投票も行われます。

私はぜひこの市長選に立候補した小川ひろみさんには、「今、国立市政で後退している市民参加を、もう一度市民参画を再び活性化して欲しい」「そして情報公開を進めて欲しい」このように期待をしております。

生活者ネットワークでは今回、「負の遺産を残すのではなく、やさしさをレガシーにする社会を急いで作っていかなければならぬ」そのように思っています。

ぜひこの国立では、小川ひろみさんに頑張って頂きたい。